吐き捨て系日記

もう30になっちゃう男が考えを整理するためにブツクサ綴る、ほんとにただの日記です。

愚痴

転職の相談をしたらボロカス嫌味を言われた話。

先月ぐらいから、ぽつぽつ転職活動ってやつをしてまして。 理由はまあ単純に給料やっすいなってのと、ワンマンの会社なんでやりづれえってのと、職場の雰囲気が悪いってのが主なとこですかね。会社の人にこのブログ見つからないといいな。 で、こないだふと…

「知らぬ、存ぜぬ」と言わずにはいられない人々

世界的DJのAviciiが亡くなった。 www.cinra.net 俺はそこまでエレクトロ系に明るいわけじゃないが、Aviciiがすげえってことは知ってる。wake me upを始めとした名曲も耳になじみがある。 まだ28歳という若さで、EDMをけん引した才能が失われるのは悲しいこと…

ネットで意見を発する時に気を付けていること。

Twitterやったり、掲示板に書き込みする時に自分なりに気を付けていることがある。というか、「こういうフレーズを使わないようにしている」の方が正しいか。 ネットでのリアクションにはスピード感が求められるので、どうしても決まったフレーズや、使いや…

メディアのメタル語り、地獄問題

今日はただただ、怒りを語ります。過去のものをあげつらって気に入らないことを指摘します。良くないこととは知りつつ、俺はもう我慢ならん。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 熱心なメタルブログっていっぱいある。日本でどこにも紹介されてないようなバンドのCD…

何も知らない社長の話

うちの会社の社長は恐らく仕事が出来る。 朝から晩までPCに噛り付いて、打ち合わせに出かけ、仕事を取ってくる。それは正直すげえと思う。うちの会社はこの人無しじゃ回らんだろう。 その一方、この人はホントに何も知らない。 一番驚いたのはついこの間、プ…

茶化すしか出来なくなったら終わり

最近バラエティ見てると度々遭遇する、苦手な場面ってのがある。 誰かが噛んだりしたことを延々茶化したり、物を紹介するときにその名前を茶化したりする場面。 お笑い的にはお約束なんだろうけど、どうにも苦手だ。 結局のところ、見たいこと聞きたいことの…

「老いる」と「弱る」は違うんじゃないか、という話

例えばだが、ツイッターでやたら元気で艦これの話題を楽しそうに呟く小池一夫とか、60越えても不良の兄ちゃんみたいなしゃべり方でガンガンギター弾くcharとか、最新のヒット作に嫉妬しまくりの富野監督とか。 彼らは「老いて」はいる。が、とても力強い。 …

流行と懐古の狭間で

俺はもう30手前、いわゆるアラサーというやつだ。 若者、というにはギリギリだし、かといっておじさんというには若いという、中途半端な年齢。 そんな時に感じるのが、流行ってやつとの距離感。 音楽に関しては、もう流行には乗れてないといっていいだろう。…

ネガティブな方が人を動かす

働き出して数か月、目に見えて太ってきたのでダイエットをする。 が、もともと太ってはいた俺が何故ダイエットを決意したか。単純にムカついたからだ。 別に「デブだな」と笑われても気にしないタイプだったのだが、この間のは堪えた。 「お前大丈夫か?」「…

Twitterから逃げてきた男の話

簡単に言いますと、ツイッターが嫌になってアカウントを消したものの、その愚痴を書く場所が無くてウロウロしていたところ、はてなブログにたどり着いたわけです。 何故俺はツイッターが嫌になったのか。別に炎上したとかそういうのでは無い。トラブルらしい…