吐き捨て系日記

とある20代男が考えを整理するためにブツクサ綴る、ほんとにただの日記です。

「検索」が出来ない人

俺の妹は「検索」ってやつがどうにも苦手なようだ。

何をするにも、俺に相談して調べてもらおうとする。

 

最初のうちは「めんどくせーな、自分でググれよ」と思っていた。だが、何度か会話しているうちにその妹の性質が見えてきた。

要は、

 

・どうやって検索したら目的の情報にたどり着くかわからない

・たどりついたサイトのどこに情報があるかわからない

・そもそも、何が調べたいかあやふや

 

ということだ。

まあ妹はネットに疎いからしょうがないと思っていた。

 

ところが今度は別の場所で同じ症状を目にすることになる。

 

年に1回ぐらいしか会わない親戚の高校生の男の子。youtuberを見てソシャゲをやる現代っ子だ。その辺の話が出来るのが俺ぐらいしかいないらしく、よく懐いている。

だが、彼もまた上のような症状が出ていた。

 

彼の場合は音楽や映画について。

新しい音楽や映画に触れようとはするのだが、どう見つけたらいいかわからないらしい。じゃあ普段ゲームやアニメの情報どこから仕入れてるんだ、と聞いてみると「まとめサイト」「youtuber」だそうだ。

そりゃ一面的にもなるだろう。

 

今の時代、ネットはわざわざ検索しなくても大量の情報を垂れ流してくれる。それが今の時代のネット原体験だ。

「俺の頃は」っていうと老害っぽいが、エロやゲームの裏技を求めてネットに飛びついた俺ら世代とは感覚が全く違うのだ。わけわからん海外サイトに飛んでビビる心配もない。

 

正直、最近検索って不便になってると思っていた。

芸能人の名前でググると「彼女は?性格は?スリーサイズは?」みたいなクソサイトが山ほど上位に出てくる。

アニメを調べれば感想という名の2chまとめが山ほど並ぶ。中身は同じだ。

 

それが、粗製乱造されたものだとわかるから、目当ての情報にたどり着きにくくなったことで俺は「不便だ」と感じているわけだが、妹や親戚の男の子にとってはどうだろうか。

 

「自分でググれよ」とは思っていたが、そもそもググることの難易度が上がっているんだろう。調べたうえで、どの情報を選ぶのかというのも難しくなっている。

それに、俺が身に着けたのはあくまで俺の方法でしかない。それが正しいわけでもない。

結局、自分なりの方法ってのがあった方がいいんだろうなとは思う。そのためには、死ぬほどわかりにくくなった検索を何度も行わなきゃいけないわけだ。

そりゃあめんどくせえわ。誰かに頼んだ方が楽だ。 

 

なんか上級者ぶったり、見下したような書き方になっているのが嫌だな。