吐き捨て系日記

とある20代男が考えを整理するためにブツクサ綴る、ほんとにただの日記です。

「ブラックメタルはなんだか分かっているのか?」

jp.vice.com

 

Viceに掲載されたブラックメタルバンドAbbathのインタビュー。その中でこんなくだりがある。

 

ブラックメタルを始めたきっかけを教えてください。

King:ブラックメタルをやっているつもりはない。

Abbath:俺に任せろ。まずオマエに聞きたい。ブラックメタルが何か分かっているのか?

VENOMです。

Abbath:正解だ。そういうことだ。ブラックメタルはVENOMなんだ。ブラックメタルというものは、カテゴライズされたくないヤツの音楽のことだ。

流れに逆らうヤツのことだ。後ろ指差すようなヤツに「ファックオフ」を突きつける。宗教にも政治にも「ファック」を突きつける。それこそロックンロールであり、ブラックメタルだ。つまり自由ってことだ。それが分かれば自由になれる。分からなければ時間をかけろ。ブラックメタルのアティチュードなんてものは、元から存在していたわけじゃない。

VENOMだって、いろんなものが重なって生まれた。MOTÖRHEAD、SEX PISTOLSアリス・クーパーデヴィッド・ボウイもな。地獄から生えた木なんだ。

 

「何だ?」って聞かれて「Venom」と即答するインタビュアーも相当凄いと思うけど、それに対するAbbathの回答が痛快だ。

流れに逆らうと聞くと、単なる天邪鬼と捉えられそうだけれども、実際いるわけだよな流れに乗れないやつって。
俺だって全てにおいて乗れているわけじゃない。

そこで「逆らうこと」を体現してくれるような存在にはとても勇気づけられる。
もちろん、なんでもかんても逆らうわけでは無い。
インタビュー全体を見れば、Abbathは反抗的な姿勢を持ちつつも冷静に現代を見据える視点を持っていることが分かる。

どこかのフェスでベビーメタルと写真撮って話題になっていた。
別に流行なら何でも嫌いとかそういうわけではない。

キチンと「NO」あるいは「ファックオフ」と言うべきものに言うということだ。


インタビューの最後、インタビュアーの息子がAbbathをみて「この人は悪魔なの?宇宙人なの?オバケなの?」と話したというエピソードに対する彼の返答がこちら。

 Abbath:じゃ、その4歳の息子に言ってくれ。「好きなように思ってくれ」とな。真実はひとつ。

オレたちはここにいて、するべきことをやっている。音楽も言葉も自由にやっている。あとはみんなが好きなように解釈してくれればいいんだ。もちろんオーディエンスから怒りを買うこともある。だがそれも自由なんだ。ロックンロール、オレが極めたいのはそれだけだ。

俺が信じている宗教があるとすれば、それはロックンロールだ。すべて自分で決めろ。自由だ。

 
なんてイかした人らなんだろうか。

ただ俺も、良いものに「ファックオフ」なんて言うつもりはないし、自分の好みじゃないだけなものを否定するつもりはない(昔はやってた)。
ただいつか、しっかりと「NO」言うべき時が来ると思うんだよな。

それが何かは今のところわからない。でも多分あると思う。
だからその時、ちゃんと言うための言葉と、決意をしっかり持つべきだな。

議論とかじゃない否定、拒否ってのはそのぐらい重い行為だと思っている。