吐き捨て系日記

もう30になっちゃう男が考えを整理するためにブツクサ綴る、ほんとにただの日記です。

俺は上手くやれているか?~洋楽の触れ方の話

note.mu


読んでるうちに、とても懐かしい気分になった記事。

というのも、高校時代の俺はまさに「ガイドブックで色々聞く」リスナーだったから。
俺だけじゃないな。俺含め高校の音楽好きの仲間連中はみんなそうだった。
この著者の人は年下っぽいけど。

今年のサマソニのヘッドライナーはノエルギャラガーとベックでした。オルタナからヒップホップからジャズからEDMまで、全ジャンルの最先端総動員状態だったラインナップにおいて、ヘッドライナーがこの2組だったのは、要は「現状の最大公約数は今なお90年代洋楽ロック」という事。

ポイントは、その時代は「シーンを横断して聴くのが普通だった」こと。レッチリを聴く人はレディへも聴いてるし、そんな人はもちろんオアシスも聴いているし、若手のロックバンドにも興味がある。だから、毎年フジやサマソニのメンツを楽しみにしている。 

(中略)

そもそも、ガイド役不在で、シーンを横断することは不可能です。では、一体何がガイド役だったのかというと、それはrockin'onやSNOOZERCROSSBEATといった洋楽雑誌。あるいはタワーレコードHMVといった外資系レコードショップです。
表紙などをきっかけにして雑誌を手に取った人が、他のページを見て別のミュージシャンに関心を抱く。CDを買いに行った人が別のCDを試聴して、気に入ったので併せてレジに持っていく。そうやってシーンというものは作られていきました。

 
俺の高校時代はちょうど00年代の半ばから後半にかけてだったんだけど、仲間内の音楽話で盛り上がってたバンドが何かって言ったら、

レッチリ、オアシス、オフスプリング、グリーンデイ、リンキンパーク

今にして思えば、世代が一つ二つズレてたんだよな。
これが何でかって言えば、それこそガイドブックに載ってたからだろう。
率先して聞いてたはずの軽音楽部もそんな感じだったし。


当時の最先端を聞くっていうよりも、ガイドブックに載ってるバンドをみんなで聞きながら共有してあーだこーだ言ってた。
もっと言い換えれば、かなり作為的に切り取られた90年代から00年代の洋楽、それもロックシーンを受容していたというか。
自分の世代を追うよりも、少し上の伝説を追ってたような。
だからつい最近までサマソニのヘッドライナーが90年代だらけっていうのには全然違和感感じてなかった。


今になってストリーミングとかで色々聞いてくと、あれも聞いてねえこれも聞いてねえって感じで抜けがすげえ多いんだよなあ。

まあ当時はそれでロックを知ったような気になってた。若気の至り。
記事の著者もちょいちょいツッコまれてるけど、俺みたいな情弱のくせに通ぶりたかったガキにとっちゃそれで世界を「横断」してたような気がしてたってだけよ。
(著者がそう、ってことではなく)
「本当はこうだった」って言われても、どれが本当か俺にゃ見分けつかなかったしな。


だからなんだろうな。
今友人同士で話してても00年代後半のバンドが話題にあがることはほぼ無い。

何かしらのきっかけがあってDJやり出した友人とか、ネット経由でメタル掘りまくってた俺とかはもう、好きな音楽が友人と共有できる話題じゃなくなってたし。
共通の話題としての洋楽は途中でプッツリ切れてる。


2chにたまに立つ音楽スレもそうだな。
一番新しいのがアークティックモンキーズ、みたいな時代感のスレに出会うことが結構多い。
(最新の話題で盛り上がることもたまにはあるが)


ネットユーザーに今30前後の奴が多いからってのもあるんだろうけど、にしたってかなりの率で遭遇するんだよなこういうの。
まあ年齢的に「今のガキは…」って言いたくなってくる頃でもあるんだろうけど。
(メタルやらヒップホップのスレでも同じような年代で更新止まってるやつがかなり多い)
アニメで言えば、リアルタイムで見てないエヴァを得意げに語っちゃって、自分ら世代のアニメは見てない見たいな感じかな。
褒められた態度ではねえんだけど、まあやりがち。


俺もなんやかんやあって、「最近の洋楽聞いてねえなあ…」ってことで色々聞きだしたわけだが、キャッチアップするのにかなり苦労した。
というのも、どのガイドブック(本、あるいは発信者)を使ったらいいか分からんかったから。


例えば今の主流であるヒップホップ。
振り返ってみれば、エミネム以降の歴史がすげーボンヤリしてたんだよな俺って。
そもそもエミネムがヒップホップ史の中でどういう立ち位置だったかすらよく分かってなかった。

だから、00年代の海外ヒップホップ聞いてもピンと来てなかった。
日本のヒップホップとも繋がってるように見えて無かったし。

さらに言えば、高校時代読んでたロック系ガイドブックがかなり「盛られた」もんだったりってのも今なら分かる。
「世界を変えた」だの「衝撃を与えた」だの書かれてたけど、大して売れてねえじゃねえか!みたいな。
むしろヒップホップの方が売れてたのに全然触れられてねえ!っていう。
あるいは、俺自身が都合よくヒップホップの話聞き流してたようなとこもあっただろうし。
前にも書いたが、俺の高校時代にはロックよりヒップホップの方がセールスランキングで上ってケースは全然あったわけだし。


結局俺はガイドからいったん離れてとりあえず今売れてるやつを聞くってところから始めて、徐々に遡りつつ空白を埋めていくって手法でキャッチアップしていくことにした。
それでもところどころ抜けがあるとは思うが。


ガイドブックってのは便利だし何かと頼りがちなんだけど、大事なのは「今自分がどこにいるか」ってことだなって思う。
ガイドブックはあくまで指針であって、「正解」ではない。
っていうか海を挟んで遠く離れた海外シーンを今でも正確に見れてるか、って言われたらそうも思わんし。

今の音楽シーン、今の俺自身の音楽受容、作ってきてしまった主観的な音楽史観、それらを踏まえてガイドを使うべきであって、最初っから最後までガイドに乗っかってちゃあいかんな。
ガイドはガイドでいいんだけど、それを鵜呑みにしてさらに主観的に適当に読んでたから途中で混乱すんだろうな。
そんなことを、冒頭に貼った記事を読んで思いました。

で、タイトル回収。
記事の著者も言ってるけど、上手くやんなきゃなってことだな。

ーーーーーーーー

そういや、70年代のロックとかも最初は親父に教えられたわけだが、それも今思えばかなり主観が入ってるガイドブック的なチョイスだったな。
まあ楽しく聞いてはいたんだが、知らずに下の世代にそのまま伝えてたら又聞きの又聞きで段々形が歪んでっちゃうんだろうな。

Youtubeを掘り続ける

女優の本田翼さんがYoutubeでゲーム実況をはじめたそうな。

www.youtube.com

10月頭の現在でチャンネル登録者数が96万人。
2回目の生放送は告知無しで16万人が見てた。

実況ゲームとして大人気のDead by Daylightを選ぶあたり、ゲームガチ勢との噂はホントだったようだ。
実際上手いと思ったし。


そんなYoutube、ほっといても見た動画に合わせてオススメ動画がどんどん出てくるので飽きることは無さそうなわけだが。
俺は最近あえて「掘る」ってことをやってる。

つまり、自主的に探すってこと。


要は、オススメ動画だけで回してると見るもんが固定化されちゃうなっていうところから、あえて違う言語だったり違うジャンルから検索かけてみようっていう試み。
まあなんのためか、って言われてもよく分からんのだが今のところ楽しいのでよし。

というわけで、面白かったチャンネルを以下に貼っときます。

BBQ PIT BOYS

www.youtube.com


アメリカの料理系Youtubeチャンネル。
ニコニコに転載されたりしてたので知ってる人も多いかも。

名前の通りバーベキューのレシピを紹介しつつ、実際に調理してるチャンネルなのだが、

・肉に肉をトッピングする
・それで揚げたりする
・とりあえずチーズ
・マチェットでなんでも調理する

とひたすら豪快というかダイナミックというか、圧倒的な文化の違いを見せつけられる。
英語分かんなくても見てるだけで面白いんで、お薦めです。

www.youtube.com

The KARATE Nerd

www.youtube.com


Jesse Enkampのチャンネル。
「空手オタク」の名前の通り、空手の解説や異種競技戦など、空手にまつわることを何でもやるチャンネル。

オススメなのは空手沖縄旅シリーズ。
沖縄各地の道場を訪れて稽古に参加しながら、沖縄を観光している。


で、実際に見てみればわかるんだがこのJesseさんがそもそもめちゃくちゃ空手が上手い。
なんか軽そうな語り口と自ら「オタク」って名乗っているからと侮ってはいけない。

www.youtube.com

Amoeba Music

www.youtube.com


アメリカのインディペンデント系音楽ショップのチャンネル。
セッション動画とかいろんなのがあるんだが、お薦めは「What's In My Bag?」というシリーズ。

www.youtube.com

映画監督やミュージシャンなど、様々なクリエイターが自身のお気に入り作品を紹介する動画シリーズ。
上に貼ったのはジェームズ・ガン監督。
お気に入り作品に日本のホラー映画「スウィートホーム」を挙げている。

意外なチョイスや納得のチョイスがあって、クリエイターをより深く知れるかもしれんねってことで。

Losu in Vegas

www.youtube.com


音楽レビュー系のチャンネル。
基本的にはヒップホップリスナーらしいのだが、動画を見てみるとほとんどがメタルのレビューになっている。

要は、「ヒップホップファンがメタル聞いてみた」みたいな感じ。
俺が知ったのは以下の記事から

playatuner.com

かなり早口だしスラングも多いんだろうけど、カッコいいリフに盛り上がったりしてる姿から大体の感想は分かる。
この「リアクション動画」ってのはyoutubeの定番ネタの一つで、アニメのリアクションを翻訳した動画がニコニコでそこそこ人気あったりする。

感情の出し方とか面白がるポイントが違うってのはやっぱ見てて面白いもんな。
まあリアクションだけ見て、実際の作品を見ないのも違うと思うけど。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんとなく紹介。
英語で作られてるチャンネルはまあ見つけやすいんだけど、それ以外の言語だとそもそも検索に引っかかってこないのでひと手間かかっちゃうんだよな。

で、見つけてみたはいいがチャンネル登録を忘れてしまい、もう一回見つけるのも至難の業というね。

せっかく世界中に人がおるんだから、見れるだけでも見ときたいよなってことで。

最近聞いてる音楽 夏~9月まで

実家に帰省したり友達と遊んだり結婚式に出たり、仕事も忙しくて前ほど音楽あんま聞けてなかったな。
とはいえチェックは欠かさないようにしとこう。振り返りも。

Eminem / Kamikaze


言わずと知れたラップモンスター、エミネムがサプライズリリースしたアルバム。
ジャケットはビースティーボーイズのオマージュで、それに「カミカゼ」なんてタイトル付けた上に、歌詞の中で若手ラッパーディスりまくってるもんだからあちこちで賛否両論が巻き起こってるらしい。

まあラップの上手さは相変わらずだし全然聞けるんだけど、現代の音楽シーンの中でどうなのかって評価はまた別なんだろうな。
ピッチフォークは「世界が変わってるのにこいつは全然変わろうとしない」みたいな感じで酷評してたけど。

エミネムはこうじゃなきゃ!って甘い評価を下すのもよくないが、かといって空気を読めないオッサンと一蹴するのもなんか雑な感じもある。
スピードにのまれず、じっくり評価したいなあと個人的には思いますハイ。

The Lemon Twigs / Go To School


今時ここまで「ロック」としか言えない音楽やるバンドがおるんかよ、って驚いたのを覚えている。
デビューは確か2016年とかなので、まだ2年目とか。
それでこの完成度ってんだからすげえよな。

そこら中で口酸っぱく言われまくったせいか、日本の音楽ファンの間にも「今はヒップホップが世界的に売れてるらしい」という認識が定着しつつある。
その一方で「ロックはもうジジイしか聞いてない。終わった。」みたいなのを得意げに言うやつもチラホラ。

お前らはなんでそう極端なんだ。
頑張ってる若手はおるし、若いロックファンだっているだろうに。
まあ人の意見に文句言ってもしゃあないので、今頑張ってる良いバンドを応援する、これに尽きるわ。

Anaal Nathrakh


多分アルバムもそのうち出るんだけど、先行シングルが凄く良かった。
99年結成のベテランバンドなんだが、最近注目度が上がってきてるみたい。

デスメタルブラックメタルをベースに、インダストリアル、グラインドコア、エレクトロなんかの要素をガンガンに詰め込んだ超ハードなサウンドが今の時代とピッタリリンクした感じがある。

なんか巡り巡ってポストブラックの潮流と合流したような。あくまで俺の私見だけど。
バンド名がバンド名なので、中々口に出してオススメは出来ないんだけど、良いバンドです。

半田健人 / 生活


仮面ライダー555の主演で知られるイケメン俳優。
その一方、昭和歌謡や高層ビルのディープなオタクとしても知られている。

そんな半田健人の新譜。

まず録音環境が凄いっていう。絶妙な音質の悪さというかミキシングの上手さというか。
「あの頃の音」っぽいんだよなあ。

俺はオヤジの影響で昭和フォークなんかもよく聞くんだが、このアルバムはその辺の時代の空気感が何故か現代に再現されてるように思える。
テーマパークのように敢えて作った昭和っぽさ、ではなく。まさに「あの頃の生活」がそのまま切り取られているような。
まあ俺も当時をリアルタイムで過ごしたわけじゃねえんだけど。

生前の阿久悠に「やるな小僧」と言わしめた半田健人の本領が発揮されてると思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーー


他にもまあ、フジロックの配信で見て色んな意味で衝撃を受けたMac DeMarcoとか88 risingのアルバムとかネットで話題の崎山蒼志くんとか、色々と聞いてるけどとりあえずこんぐらいにしとく。

しっかし良い時代だよな。フジロックやらコーチェラやらウルトラジャパンがネットで生中継で無料で見れて、新譜はその日っていうかリリースの瞬間から聞ける。
ただ、この「便利さ」「良さ」にただただのまれてくと、生活とか思考までそっちに引っ張られちゃう気もしてるので。

あくまでマイペースはキープしつつ新しいもの付いていく、という矛盾したようなことを目指さなきゃっていうのが最近の目標です。

番組の思い出「神さまぁ~ず ~ マルさまぁ~ず」

TBSの深夜帯でやっていたさまぁ~ずの深夜番組シリーズ。
番組名を
神さまぁ~ず→マルさまぁ~ず→ホリさまぁ~ず→マルさまぁ~ず
と変えながら、ひたすらくだらない企画に取り組み続けた。

企画の一例としては

・風に飛ばされたピンマイクの風防を探して、見つけられなかったら罰金
・商店街で思いついたミニゲームで勝負し、最終的な最下位はパンチパーマ
・見よう見まねで新体操に挑戦し、1点取れるまで終われない
・ゆるゆるのズボンで引っ越しの手伝いをし、パンツが見えたら罰
ブラマヨ小杉に変な格好をさせてツッコミを予想する

とか。
凄まじいくだらなさだったんだけど、めちゃめちゃ面白かった。

深夜帯、さまぁ~ず、中堅ゲスト芸人、この辺の組み合わせが絶妙で、肩の力を抜いて気軽に楽しめたのが大きい。
何かの番組で土田晃之がさまぁ~ずを「企画でガチガチに固めるよりも深夜で自由にさせた方が輝く」って評してたが、まさにその通りだなと。
ただただ芸人たちとくだらないことやってるだけなんだけど、みんな楽しそうだし、面白いし。

で、誰かをストレートに傷つけたり、一般の人に迷惑かけたりってのも少なくて芸人がドタバタしてるだけってのも安心できた。
一般の人を痛烈にイジったり、芸人追い込んでどうこうって番組も人気なんだけど、見てる時に心のどっかでヒヤッとする瞬間があったりする。
そういう不安、不穏みたいなものもまあ面白さの一要素だとは思うんだけどさ。

最近だと『くりぃむナンチャラ』がこれに近い番組かも。
くりぃむナントカ』も人気だったけどゴールデンに行った結果、案の定テコ入れで元の良さが薄れて終わってしまった。

さまぁ~ずで言えば『神ギ問』も日曜昼に見るにはゆるくてちょうど良かったんだけど、ゴールデンに行って「店員が選ぶホントにおいしい○○」とかやり出して見なくなった。

ネットで「攻めた番組を!」って息巻いて滑ったり、安パイ置きにいって流行った番組の粗製乱造したりするより、今のテレビで面白さ追求することはホントに無理なんかなあって考えてほしいよ。


という、とある視聴者の思い出とワガママでした。

神さまぁ~ず Vol.1 [DVD]

神さまぁ~ず Vol.1 [DVD]

 

 

『カメラを止めるな!(2018)』を見た。

kametome.net


で、この感想記事を一瞬アップしたんですけど速攻で消しといた。
なんでかっていうと、「俺が余計なこと語るとマイナスでしかないんじゃないか」って思ったから。

すでに多くの人が語っている通り、「色々調べたり、情報入れない方が楽しい」っていうのはまさにその通り。
俺も公式サイトや予告編、感想なんかも出来るだけ避けて臨んだ。


結果大満足だったわけですが、それをあんまり過度に語り過ぎると逆に良くないかも…なんてビビっちゃったわけです。


まあ強いてオススメするとしたら、「ゾンビとかホラーって苦手…」って人とか、「なんかサブカルっぽい映画だろ?」とか思ってる人は安心してほしい。
誰もが楽しめて、笑顔で映画館を出ることが出来る映画だと思いますよ。

で、伊集院光もラジオで言及してたけど、テレビやラジオでの映画紹介ってかなり踏み込んだとこまでバラしちゃうので気を付けて、話題になりつつある今のうちに見といた方がいいと思う。

感想はまた1カ月ぐらい経ったら改めて書こう。

ーーーーーーーー

※例の騒動後、以下追記


見終わった直後に起きた「『カメラを止めるな!』原作騒動」

要は、映画の元になった演劇の主催者が「一方的に原案とされたが、原作が適当だ」と訴えたという。
で、映画側も徹底抗戦の構え。
劇団や映画の関係者から続々コメントが出てきて、部外者には把握しきれないような状況になってるっていう。


映画の内容自体が「映画作りの情熱」「クリエイターの努力」「家族愛」みたいなとこに重きを置いてるので、よりによってこういう騒動かい…と残念な気持ちもあり。

どう転んでも悲しい結末しか思いつかないし、でも告発自体は必要なことと思うし、辛いなあという気持ち。

EVO 2018に見たeスポーツの未来

エラそうなタイトル付けちゃったけど、EVO 2018を見て格ゲーファンが感じたことをつらつらと書き残しておきます。
eスポーツっていうか格ゲーの話がほとんどですが。


EVO 2018公式ページ


まず『EVO』とは何か。ニコニコ大百科の解説が詳しいので以下に貼っておく。

 

dic.nicovideo.jp


簡単に言うと、年に一回ラスベガスで行われる格ゲーの世界大会。
プロはもちろん、エントリーさえすれば誰でも出られるお祭り感の強いイベント。
95年からスタートし、20年を超える歴史がある。

Twitchをはじめ様々な媒体でネット配信されているので、視聴が容易になったのが嬉しい。

で、俺も長いこと見てたわけですが、そんな中今年気になったポイントを以下に紹介。

レジェンドの健在っぷり

以下のクリップを見ていただきたい。

clips.twitch.tv


奥に座っている白髪交じりのおじさん。
実はこの人、アメリカの格ゲー界ではかなり名の知れたレジェンドであるアレックス・ヴァイエ(Alex Valle)さん。

経歴は以下

Alex Valle | 格ゲープレイヤーWiki


日本でもその存在が知られるようになったのは、ご存知日本を代表する格ゲープロ「ウメハラ」との対決から。

98年の『ストリートファイターZERO3 世界一決定戦』において、米国代表としてウメハラの前に立ちはだかったのがアレックスだった。

当時はタンクトップのいかつい兄ちゃんだったアレックス、その後は格ゲーイベントの主催などプレイヤー以外でも積極的に活動し、格ゲーの普及に努めていた。
2014年に一度引退宣言をしたらしいが、今でもエンジョイ勢として活動しているとか。

そんなアレックスの姿を久々に見たわけだが、上の動画で戦っている相手は2016年のカプコンカップ優勝者ナックルドゥ(NuckleDu)。22歳新進気鋭の強豪プレイヤーだ。

大方の予想ではナックル優勢だったが、なんとアレックスが勝利。
レジェンドここにあり、と言ったところだろうか。


格ゲーに限らず、eスポーツ選手としてのピークは20代までと言われている。
実際、格ゲーでもトップ層の入れ替わりは大分激しくなってきた。
そんな中、20年を超えるキャリアを持つ選手がこうやって活躍する姿は多くの人に勇気と希望を与えてくれる。

スポーツ始めるのに年齢や性別は関係ない。
大仰な言い方かもしれないが、そんな風に思わせてくれる光景だった。

日本芸能界からの刺客

日本のテレビでもeスポーツを取りあげる番組が増えてきた。
この間はフジテレビのスポーツバラエティ『ジャンクSPORTS』にプロゲーマー夫妻ももち&チョコブランカが出演していた。

realsound.jp


まだ物珍しさで紹介されているところもあるし、格ゲーとそれ以外のゲームがごっちゃになっているような気もするが、以前よりははるかに扱いがよくなった。
AbemaTVには専門チャンネルがあったりするし、芸能人がゲーム大会する企画もよく見る。


そんな中、今回のEVO 2018には何人かの芸能人が参戦していた。
まずゲーム好きグラドルとして知られる倉持由香吉田早希

そして、関西のゲーム番組『YUBIWAZA』のMCであるロンドンブーツ1号2号の田村淳、そしてテレ東のゲームバラエティ『勇者ああああ』のMCであるアルコ&ピースの二人。

ゲストとかではなく一般参加として、予選プールに入って試合を行っていた。
中でも田村淳はなんと配信台(予選の試合の中にはネット配信用の台で行われるものがある)で試合が全世界に放映された。

clips.twitch.tv

結果はほぼ全員が初戦、ルーザーズ共に敗退となった。
上にも書いたが、別にプロや強豪しか参加しちゃいけない大会でもないのでこれ自体は全然ありだと思う。


終わったなー、なんて思ってたらウメハラの配信チャンネルでなんと「アルコ&ピースvs田村淳」が行われるという情報が!

www.twitch.tv(上動画の40分辺りから)

放送局の垣根を越えた、東西eスポーツ番組対決が実現してしまった。


で、俺も配信見てたわけですが、試合前にはコメント欄で

「素人の対戦なんか見たくない」
「番組の企画に乗っかってやる理由ないだろ」
「どうせ冷やかしだろ」

みたいな懐疑的なコメントも目立っていた。

そんな中対決がスタート。
アルピー酒井がまず田村淳と戦ったが、経験者である酒井が圧勝。
まあこんなもんだろう、と思ってたが次の平子戦が凄かった。


正直両者とも決して上手くはない。敦は二日前に始めたばかりらしいし。
だがそれが良かった。
敦と平子が「同じレベル」だったのだ。

技はなんとなく出せるけどコンボや起き攻めなんかはまだ出来ない二人。
拮抗した実力の対戦はやっぱり競り合いになる。


しかし、徐々に敦が平子を圧倒しだす。
最初は何も出来なかった敦が、徐々に技を安定して出せるようになった結果、ガイルというキャラの特性を活かした「飛ばせて落とす」、つまり待ちガイルにたどり着いたのだ。

ガチャプレイで対抗する平子だが、最後は敦のサマーソルトで決着。

clips.twitch.tv


コメントを見ればわかるが懐疑的なやつはすっかりいなくなり、最後は大盛り上がり。


そして敦が一言「面白いじゃん!eスポーツ!」
平子も「敦さんとゲームやるのおもしれえ」


見ていたほぼ全員が思った。
これだよな。これが格ゲーだよな。


年がら年中プロや上級者の戦いを見ていてすっかり忘れていたが、格ゲーの楽しさってこれだったよなと。
思えば、俺もやり始めたころは下手くそなりに一戦一戦悔しがって、友達と競い合ってたなって。

なんかそういう、ゲームを楽しむことの原点を見させられたような、そんな『ベガスの凡戦』だった。


今回は番組の企画で参戦したわけで、彼らが今後もゲームやってくれるかは分からんし、ゲーム番組がこれからも続くかも分からない。
多くは深夜かローカル局だし。

でも、こういう光景が少しでも世間に届けば、格ゲー並びにeスポーツってのももうちょっと普及していくんじゃないだろうか。


もちろん法整備の問題や、ルールや団体の問題などもあるわけだけれど、eスポーツで大切なのはファン=プレイヤーになり得る敷居の低さであるべきだと思う。
そういった意味で、理想的な光景がこの対決だったんじゃないかな。
誰でも参加し、プレイし、喜び悔しがる。
それでいいと思うんだよなあ。

ーーーーーーーーーーーーーーー


上に挙げてきた2点、レジェンドの姿と初心者の参加。
両極端な二つの光景が同時に存在しているこの状況こそがeスポーツ、格ゲーにとってまさに目指すべき姿だと思う。

エラそうに語ってきたが、そりゃ俺も格ゲー界が盛り上がれば嬉しいし、やりがいがある。

まだ世間やネットでは「たかがゲームがスポーツを名乗るな」みたいなのも根強いけれど、徐々に変わってけばいいよな。
「世界で流行ってるからー!」とか「賞金がー!」ってゴリ押しするより、色々な人が楽しんでる姿をまず見せる。
これが大事なんだろう。

最近気になるアジアのポップスとかラップとかを紹介

細々やってる弊ブログなわけですが、検索ワードによってはやたら上位に出てくることもある。
太閤立志伝の記事とかがその代表かな。あと以前、Ghostemaneに食いついてコメントくれた人もいたし。

まあ嬉しい反面そんだけ競合相手というか、言及したメディアやブログが少ないってことでもあるわけで。
マイナーだからって適当なこと書いてると俺もデマ拡散の加害者になりかねない。

だからまあ、個人ブログなりにしっかりと自覚持ってやりましょうねってことで。

ーーーーーーーーーーー

前段はこのぐらいで、今回はアジアの音楽をつらつらっと紹介します。
spotifyとかApple musicだとこういうの結構出会いやすいんで、好きなジャンルで探してみると面白いっすよ。

老音樂隊

www.youtube.com


いやこれ紹介しといて申し訳ないんだけど、台湾のバンドってぐらいしかわかんねえ。
バンド名で検索すると色々と違うもんが引っかかったりするんで。
なんならバンド名の読み方が分かんねえ。

ただ、youtubeなりspotifyの再生数を見るとかなり聞かれてるし、リスナー層をチェックしてみると台湾では相当人気あるっぽい。

サウンドはストリングスの入ったオーソドックスなロック。どこか歌謡曲っぽさもある。
みずから「古い音楽チーム」を名乗るくらいだから、そういうノスタルジックなコンセプトが最初っからあるバンドなのかもしれない。

確認できる音源は2017年に出したアルバムだけなんで、まだ若いバンドっぽい。
今後どっかしらからグローバルにブレイクする可能性があるかもしれない。

Moving and Cut

www.youtube.com


こちらはタイのバンド。
Gym and swimとかもそうなんだけど、タイのバンドシーンではこういったアーバン感(合ってるのか?)があるのが流行ってるみたい。

実際雰囲気凄くいいし、聞いてて心地いい。
日本でも近いサウンドの若いバンドがたくさん出てきてるし、どっかシンクロニシティみたいなとこもあんのかな。

SHAUN


韓国のソロアーティスト。
バンドでの活動の他DJやプロデューサーなど幅広く活躍しているみたい。
全米1位を取ったBTSの楽曲にも参加しているとか。

K-POPっていうとバキバキのダンスとラップ、EDMサウンドってイメージがある。
このEPにもダンスナンバーは入ってるんだけど、リード曲の『Way back home』はアコースティックなポップス。エド・シーランとかああいう感じっつうのかな。

他の曲もモダンなエレクトロサウンドを用いたポップスで、DJならではの引き出しの多さを感じる。
K-POP」って一括りにされがちだけど、やっぱ色々あるんだよなその中にも。

Khói

www.youtube.com


ベトナムのラッパー。
タトゥーアーティストからキャリアをスタートしたらしい。
92年生まれだから今26歳。

アンビエントなトラックに乗る、トラップ感のあるベトナム語ラップが心地いい。
88 risingとかが盛り上がることでアジア各国のラップシーンとかにも注目が集まるようになってきてるけど、やっぱどの国にも若い才能っているんすよね。

それに気づくかどうか、ってのは音楽ファンやってく中で大事なことだよなあと。

Astro Bunny

www.youtube.com


台北出身のエレクトロポップデュオ。
2011年から活動しているらしい。

ポップとエレクトロサウンドがかなり高いレベルで融合しているように思える。
貼った曲は穏やかなやつだけど、結構ノリノリの曲もあったり。

分かったようなこと言うのもあれだけど、ボーカルの声の乗りがいいっつうのかな。
バックのトラックとバランスがいいっていう感じ。

窒息楽団(Suffocated)


中国のスラッシュメタルバンド。日本的な表記をすると「窒息楽団」
公式音源がyoutubeやストリーミングに見当たらないから、wackenに出た時のコンピ音源を貼っときます。

97年結成なのでもうキャリア20年になる。
俺が初めて見たのはニコ動に上がってたPVで、それももう10年近く前になるかな。

なんか最初は空耳とかでネタっぽく聞かれてたようなとこもあるけど、超高品質のスラッシュメタルでっせ。
中国と言えばHiger Brothersが世界的に注目される一方、ラップ禁止令が出たとかなんとかって話題もあったり。
でもそのはるか前から頑張ってるバンドいたりすんだよね。

アトモスブラックやデプレッシブブラックを扱ってるPest Productionsってのが中国にあったり、メタルの土壌は結構あるっぽい。
ただ言語の関係で見つけにくかったりすんのがちょっと辛いな。

ーーーーーーーーーーー

上に挙げたのは色々掘ってく中で俺が気に入った、そしてあんまり紹介されてないアーティスト。
既に日本でもプロモーションされてるようなのは敢えて割愛しときました。

まああくまでネットで見つかる範囲なんで、現地とは時差があるだろうし、なんならホントに流行ってるのはなんなのかって現地の人にしかわかんねえだろうし。


逆に、海外の人が「日本で流行ってるのはどんな音楽だ?」と調べた時、どんな風に見えるんだろうな。
大学時代に研究室に来たフランスの留学生は好きな日本の音楽としてスピッツとstillichimiyaを挙げていた。
日本人感覚からすると意外な組み合わせだよな。そいつが変わりものだった可能性も無くはないけど。


あと、世の中はApple Musicかspotifyか、みたいな感じだけどアジア圏ではKK BOXとか、アジア最強企業のテンセントによるJOOXとかがやっぱ強いようだ。
そっちオンリーで配信してる人も多いらしい。
まあ楽しめる範囲で聞いてこうとは思う。