読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吐き捨て系日記

とある20代男が考えを整理するためにブツクサ綴る、ほんとにただの日記です。

「好きなんでしょ?教えてよ」という人間は苦手という話

雑記

 

「お前って○○好きで詳しいんだろ?教えてよ」みたいなのは苦手だ。

 

俺はその裏にどうしても傲慢なものを感じてしまう。それは、

 

「好きならば、魅力を教えられるはずだ」という押し付けと、

「面白いものなら、教えられれば理解できるはず」という思い込みだ。

 

そしてこれに上手く答えられないとどうなるか。

 

「こいつは好きなものを分かってないニワカ野郎」になるし、

「俺が理解できないってことはそもそも面白くないもの」になる。

 

 

というか、せめて入口に自分で立てよってことなんだよな。俺の友人が最近プロレスにハマったという話を以前したが、あいつは自分で興味を持ち、試合をネットで見てそのうえで「ここからどうすべきか?」と俺に尋ねてきた。

そうなれば、俺も勧められるし、一緒に楽しむことも出来るだろう。

 

 

別に無理に今すぐ全てを楽しむ必要はないのだ。

一目見て、一聴して惹かれなかったら今はその時ではない。

もし、どうしても今これを楽しみたい!というのならひたすら触れまくるしかない。その中で惹かれる瞬間があってからスタートだ。

 

大事なのは、物事を楽しむためのチャンネルは自分で作らないと増えないということ。今のまま楽しめるもの、をひたすら求めても、いずれ限界が来る。

 

楽しめないものの方が多くなってくる。そうなったときに人は老害になる。

「最近の○○は~」と言い出す。

 

若ぶる必要はないけど、チャンネルは増やしといて損はない。

逆に、若いうちに昔のものを楽しめるチャンネルも作っておけたらいいよな。

 

だって楽しいじゃんそっちの方が。

茶化すしか出来なくなったら終わり

愚痴

最近バラエティ見てると度々遭遇する、苦手な場面ってのがある。

 

誰かが噛んだりしたことを延々茶化したり、物を紹介するときにその名前を茶化したりする場面。

 

お笑い的にはお約束なんだろうけど、どうにも苦手だ。

 

結局のところ、見たいこと聞きたいことの邪魔でしかないんだよなそういう笑い。で、バラエティってのは笑えればいいわけだ。

つまりは、笑いが起きたことで目的は果たされている以上、その内容とかはどうでもよくなる。

 

どの番組が、とは言わんけどさ。

 

で、そういう流れは一般の我々の間にも浸透しつつある。

「これはあのバラエティの流れですよー」てなテンションで、普通の会話の中でこういう茶化しの空気を作りたがるやつがいる。

 

そうなるともうダメ。話が出来ないし、誰も話を聞かない。みんな芸人ごっこに夢中になる。

 

俺ら芸人じゃねえんだからさ、普通に話せよと思うわけです。

まあ結果として笑いは起きているわけだけれども、別に視聴者がいるわけじゃなし。

 

誰かが喋ったら、「お?なんだなんだ?」ってリアクションをして、喋り終わったら言葉尻捕まえてツッコめばいい。

それでお手軽バラエティの完成なんだけど、これ楽しいのはツッコんでるやつと部外者だけなんだよな。

普通に喋ってたらツッコまれた俺は楽しくないし。空気読めとか言われても、俺からすれば「お前が空気読め」って話だし。

 

まあそんな飲み会が最近ありまして、非常に不愉快だったというお話です。

で、バラエティ見てると似たような光景があって「うわぁ…」ってなっちゃったっていうね。

 

最近は、少ない人数で回してるバラエティの方が面白く感じる。大人数だとどうしてもお決まりの流れに持ってかれがちだしな。

 

プロレスはやっぱ生だな、という話

プロレス

先日、名古屋で行われた新日本プロレスを友人と観戦してきた。

プロレスは大好きなんだが、生観戦は実は10年ぶりぐらいになるかもしれない。そもそものきっかけは、友人が『有田と週刊プロレスと』というAmazonプライムの番組にハマったこと。

 

「あれはどういうことなんだ?」とか質問攻めに合うのも何やら楽しい。俺が勧めても見なかったくせによぉ、とかは言わない。

 

10年前の記憶と明らかに違ったのは、やはりファンだ。

若い人から年季の入ったファン、子供からキャピキャピした女性まで。応援する選手のグッズを身に着け、物販売り場は超満員だった。

会場も9割からほぼ満員。

 

まさに「盛り上がって」いた。

 

試合について。

これもやはり10年前とは大きく変わってきていた。

同じヘビーの選手でも、身体能力が段違いだからなのか、ジュニア顔負けの飛び技を決めまくったり、あるいは極端にコミカルなキャラがいたり。

それでいてしっかりと「新日本」という感じはキープし続けている。凄いバランス感覚だ。

 

各団体が差別化を図り、危険技に特化したり、飛び技に特化したり、色分けと細分化が進んでいたのが10年前ぐらいのプロレス。

それが今、総合エンタメとして復活しつつある。

楽しく、激しく、とは馬場さんの言うところの「王道」だが、まさにそれを今回の観戦で感じた。

 

そして、メインイベントであるスーパーJカップでは「事件」も見れた。この事件性は新日本ならではだろう。

 

あれを見せられちゃあ、応援しないわけにはいかない。友人もそうだが、俺のプロレス熱も再燃してきた。

 

やっぱ現場に行くのが大事だな。何事も。

 

 

 

映画『アサシンクリード』をアサシンクリードファンが見てきた。(ネタバレあり)

映画

まず、最初っから最後まで通して言えることなので先に言っておくと

 

尺不足

 

これに尽きる。

まあこれは分かりきってはいたことだ。そもそもゲームというのは、説明に関して制限がない。膨大な説明書を読ませて、ゲーム内tipsとかで説明を随時追加して、プレイ中の好きな時に読ませることが可能だ。

対して映画は、どんなに説明過多にしても2時間の中で説明出来なければ終わりなのだ。

 

アサシンクリードは原作がゲームであり、その設定の多くはその「ゲーム的説明」によって保管されている。それを2時間で全て説明し切ろうって方が無理と言えば無理なのだ。

物語を見れば、ゲームと必ずしもイコールな物語ではないのでツッコむのも野暮なのかもしれないが、やっぱり気になった。

 

具体的に何が説明仕切れていなかったのか、気付いた限り紹介する。

エデンの果実

アサシンクリードにおける重要な要素。物語は終始これを巡って展開する。劇中では「遺伝情報の全てが記録されている」とかなんとか。まあようするに、これを手に入れると人の考えとかをコントロール出来るみたいな描かれ方だった。

 

ゲームではどうだったか?

これが登場したのは1のラスト。実際にそれがどのように扱われるかを描いたのは2以降になる。

そこでは「歴史上の指導者や独裁者は果実を所持し、人々を導いていた」という陰謀論全開なエピソードが実際の写真を用いて描かれる。

アサシンクリードで俺が好きなのはこういった、ダイナミックすぎる歴史感だったりするが、それはまた別の話で。

 

で、それが使われるとどうなるか。周囲の人間を完全にコントロールし、そのまま自殺させることも出来る強力なアイテムとしてゲームには登場する。

 

それに比べると、「エデンの果実」がいかにヤバいものか、という説明が薄かった。これが物語的にはやっぱり弱い。

 

テンプル騎士団

アサシンクリードは、テンプル騎士団とアサシン教団の戦いがメインになる。そして、このテンプル騎士団がいかに巨大な組織なのか、ということがストーリーを通して重要なポイントになっている。

秘密結社かと思っていたら、政治家、財政会、ありとあらゆる分野にテンプル騎士団はいるという設定なのだ。

ゲーム中のサブエピソードでは、「ニコラテスラが電気を発明したが、テンプル騎士団エジソンに味方してそれを握りつぶした」とかいうとんでもない話があったりする。あるいは、「テレビのサブリミナル映像で洗脳していることに気付いた一家に、テンプル騎士団の粛清の手が迫る」という音声があったり。

 

まあようするにとんでもない連中だ、ということ。それが映画では説明しきれていなかった。騎士団の長らしき女性が出てきたけれど、あれが誰かって語られていたっけ?

 

アサシンの道具

これは細かい点なのだが、アサシンの道具に関する説明も少々薄かった。

劇中で走りながら遠くの敵を倒す場面がいくつかある。それはそれでカッコいいのだが、問題は「何を使っているかわからない」ことだ。

投げナイフなのか発射式ブレードなのか。肝心な道具が全く見えない。だから、終盤で敵の将軍を倒すときにも違和感がある。

倒れた仲間の武器で一撃を加えるのだが、「あれは何の武器なのか」が全くわからない。

 

そしてこれは物語のハイライト「イーグルダイブ」にも関わってくる。

高所から落下し着地するわけだが、その過程で「何かを投げて、それによって勢いを軽減しつつ着地する」という描かれ方をしている。

が、その何を投げているかが全く見えない。恐らく冒頭で使っていたワイヤーなのだろうが、それをどう使ってどこに当ててどうなったのか全く分からない。

 

実写化にあたって、さすがに「謎の干し草」じゃあかっこつかないからそうしたんだろうか。でもなあ…あんだけもったいつけて描いたのにラストではバッサリカットするのもなあ。

 

歴史観

歴史上、様々な時代にアサシンと騎士団の戦いはあり、それを追体験するという設定。そこでは、語られるだけだった歴史上の出来事がリアルタイムに行われている。

もちろん人物も。

ゲーム内では、レオナルドダヴィンチ、チェーザレボルジア、ニッコロマキャベリなどが登場して主人公と絡む。

本作でも、スルタンとかスペイン王とかが出てくるのだが、それがどんな人物でどういう歴史があるのか、その量が非常に少ない。

異端審問会で焼かれたのがアサシンであり、トルマケダと戦うというのはいいのだが、どうしてもその説明が少なく感じた。

これは「ゲーム的説明」で保管される最たる部分なので、しょうがないと言えばしょうがない。

ただ、「歴史の裏側を見る」というアサシンクリードの魅力は若干薄くなる。

 

 

だいたいこんなところか。

あと、ボリュームの関係で削られてしまった「鷹の目」の要素も個人的には残念だ。

 

 

アクションにスピード感はあるし、街並みはきれいだし、名台詞も再現されている。だからこそ、欠けたところに目が行く。

 

この、「大作ゲームを映画化する」という動き自体は今後も続いていくだろう。その中でこの、「説明を減らす」ということをどのように行うかは最重要課題なのではないか。

ともかく、悪い映画じゃない。むしろよくやった方だと思うんだよな。

だから、ファンの目線じゃなくて普通の映画好きの目線による評価が気になるところだったり。

 

ただ、やっぱラストの暗殺はエアアサシンであってほしかったなあ。

ポストブラックが最近好きだという話

音楽

メタルが好き、というのは何度も話しているのだが、今その中でも特に「ポストブラック」と呼ばれるジャンルにハマっている。

 

名前からも分かる通り、「ブラックメタル」の「ポスト」なジャンル。

ブラックメタルの音楽性を持ちつつ、新しい形で発展させたバンド群を差す。ただ、これはかなり大雑把な分け方だ。

その内部にはなんやかんや細かいジャンルがあり(メタルはジャンル分けが好きだな)、そのルーツはどこで…とか追っかけだすとキリが無い。

 

まとめて言えるのは、ブラックメタルの暴虐性みたいなものを別の形に昇華した音楽、ということだ。

 

ブラックメタルがどんなもんか、というのを語りだすとそれはそれでクソ長くなるので割愛。実際に聞いたやつをいくつかご紹介。

 

Deafheaven

www.youtube.com

恐らくこの手のジャンルでは一番の有望株とされているバンド。2010年にアメリカで結成された若いバンドだが、デビュー直後から各メディアで絶賛を受けまくっている。

メガデスのマーティーもお気に入りだとか。

音楽性的にはブラックメタルシューゲイザーの影響がみられる。まとめて「ブラックゲイズ」と呼ばれることもあるが、恐らくそういったカテゴライズにハマるタイプのバンドでもないだろう。

Alcest

www.youtube.com

2000年に結成されたフランスのバンド。バンドというかプロジェクトに近い。こちらも、ブラックメタルの激しさと様々な音楽性が融合した、独自のサウンドで人気を博している。

日本にも結構来てたり、アートワークなどもブラックメタル然としない優しいタッチのものが多かったりと、割ととっつきやすいバンドだと思う。

An autumn for Crippled Children

open.spotify.com

オランダのポストブラックバンド。

正直この手のサウンドの中では相当好きな部類に入る。シューゲはもちろんだが、アンビエントだったり、空間音楽的な美しさとブラックの暴虐性を合わせた切なさはやはり気持ちがいい。

似たようなサウンドが続きがちなジャンルだけど、アルバムごとに新しいアプローチをしてるのもいいなあと。

VMO(Viloent Magic Orchestra)

www.youtube.com

こちらは日本のポストブラックバンド。

Vampilliaというバンドから派生したらしい。名前の通り、エレクトロ系統からのアプローチになる。「踊れるブラックメタル」を標榜しているが、まさにその通り。

エレクトロの快感点とブラックの気持ちよさが一曲に同居している。正直聞いてて疲れると言えば疲れるんだけど、飲み込まれる感じが癖になるというか。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

個人的に好きなポストブラックをいくつか紹介した。

正直ここに上げたのは一部も一部。ニューロシスみたいな先駆者とか、アゼルバイジャンのViolet coldとか、縦幅も横幅も紹介しきってない。

 

このポストブラックというジャンルは、メタルの派生としてカテゴライズされることが多いけれど、実際はその枠にとどまらない。

というか、そういった「メタル的カテゴライズ」を嫌う人がインタビューを見ていても多い。好きなもの、好きなことを突き詰めていった結果こういった形になっただけで、別にメタルのためとかメタル魂がとかそういうのはどうでもいいって感じ。

 

メタルの体育会系気質なとこは、愛らしくもあるが同時に嫌らしさも産む。

まあ俺がベビメタ嫌いだったのもそういうのに恐らく根差していたし。

 

ともかく、そういった「カテゴライズ」から解き放たれつつあるジャンル(なんか矛盾した表現だけれど)、としてポストブラックがあるんじゃなかろうかと思ったり。

B-DASHの思い出

音楽

俺もそういう時期に来た、という実感がある。

 

B-DASH official website|Home

 

ロックバンド「B-DASH」が結成から20年を持って解散することを発表した。

彼らは、俺にとって「初めて好きになったバンド」なのだ。「音楽を聞く楽しみ」の原体験と言ってもいい。

解散や活動休止というものはいつもどこかで遅かれ早かれやってくる。国民的アイドルのSMAPも解散した。あれもあれでショックではあったが、どこか他人事の部分もあった。

 

だが、自分の人生において非常に大きな存在であったグループの解散というのはやはりズシンくる。

いずれ来ると分かっていても、実際に来ると何か大きな喪失感というか、あるいは俺自身が年を重ねてしまったことを突き付けられているような、何とも言えない感覚になる。

 

ここからはホントに日記だが、俺がB-DASHと出会った頃のことを述懐したい。俺もこれからドンドン老けていく。今のうちに記しておきたい。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2000年代初頭の話。

当時はCDがやたらめったら売れる時代。大物ロックバンドや女性ソロシンガーの曲がミリオン行くのは当たり前みたいな。

 

当時俺は中学生だった。個別の部屋も与えられ、ラジカセも買ってもらった。ただ、聞くものが無い。

俺の親父は典型的なロック世代。そんな親父は俺が音楽に興味を持ったことに喜び、洋楽の名盤を何枚も買ってくれた。ビートルズやディープパープル、CCRやドゥービーブラザーズをよく聞いてたな。

ただ、それはそれで良い音楽なんだけれど「俺の音楽」ではない。

そしてテレビから聞こえてくる音楽も。カッコイイし、良い歌なんだけれどリスナーとしての当事者意識が無かったというか、「俺の」って感じは無かった。

 

そんな時、隣の家に住んでいた友人から雑誌をもらう。

ストリートロックファイル

日本のインディーズバンドを中心に紹介する雑誌だった。インタビューやライブレポートの他に、掲載されたバンドの曲が合計20曲近く入ったCDが付いているという画期的な雑誌だ。

それを読んでいくうちに、日本のインディーズシーンというのに興味を持つ。175Rシャカラビッツのようなポップパンク、ガガガSPGOING STEADYのような青春系のパンク、そんな中でB-DASHに出会う。

 

俺が感じたのは「近さ」だった。

 

物凄いスキルを見せつけるわけではなく、青春系の激しい激情をぶつけるわけでもなく、ひたすら聞いていて楽しいロックだった。

いわゆる「適当めちゃくちゃ語」で構成された、響きしかない歌詞。抜群のポップセンス。親しみのあるルックス。

他のバンドには無い、「近さ」がある。当時の俺はそう感じていた。つまりは、憧れを持った。

「俺もああなりたい!」そう思える初めての存在だったと思う。

 

そこから俺は様々な音楽を聞いていくようになるわけだが、やはりベースはB-DASHの原体験にあった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やっぱり切ないし悲しいんだけれど、だからこそ思い出だと思う。

 

永遠にあのままで、なんて言えない。当時はやっていたポップパンク勢も解散したり活動休止したり、あるいは音楽性を大きく変えたり。

それを揶揄して「ロックは終わった」みたいなこと言う人もいる。

 

でもそれは、自分たちの思い出を守ることを、誰かに押し付ける行為ではないだろうか。

年齢は重ねていくし、時代は変わる。でもお前らはそのままでいろ、なんてのは残酷じゃないか。

 

俺も変わった。時代も変わった。そして音楽だって同じように変わっていく。思い出はいつも優しいものだが、そこに甘えていてはいけない。

 

B-DASHは一旦終わる。でも俺は生きていくし、バンドのメンバーも先に進む。それでいいんだ。

でもあの日あの時、俺が自分の部屋でB-DASHを聞いて心躍らせていた時間、事実は永遠だ。多分ジジイになってもそうだろう。むしろ、心からそう思える存在があったことを幸せに思う。それで俺は先へ進むことが出来る。

 

 

 

ただただ、ありがとうB-DASH

 

 

ちょ

ちょ

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

うーんポエミーだ。

勢いに任せて書いてはみたが、何やら恥ずかしさもある。

まあ、ロックってそういうもんだよな、と自分に言い聞かせてみたり。

街の姿

雑記

東京に住んでもう一年。

 

だいぶ慣れてきて、路線やら街の様子やらも分かるようになってきた。

 

東京は街の特色というのがハッキリ分かれている。少なくとも田舎者の俺の感覚では。例えば秋葉原はオタク文化と電気の街。渋谷は若者中心のファッションの街。五反田はホテル街。日暮里は…まあそういう街。

色々と分かれて、それぞれの文化や歴史がある。

 

こないだ暇な時に、ネットで自分が住んでいた(正確には通っていた)街について調べてみた。すると、そこには意外な光景があった。

 

別の地方から来た人にとって俺の地元は、格好の被写体らしい。山に囲まれてるというのはもちろんだが、それ以上にその街の姿。

そこに切り取られていたのは、

 

昭和のころから変わらない看板を出し続ける洋服屋

寂れ切った置屋らしき店

100メートル間に数十件スナックが立ち並ぶ裏道

どう考えてもカルトだろうってな宗教をガンガンアピールする家

著作権なんかかんけーねえ!ってな飲み屋の看板

 

 

そうやって切り取られると確かに異常だ。

高校の頃には気づかなかった。むしろ「何もねー街だな。」ぐらいに思って、都会に憧れていた。

そうなんだよな。この街は基本的に夜の街なのだ。

 

この歳になってやっとわかった。だってさ、人口10万もいないのにキャバクラは3件もあるし、スナックは何十件あるんだって話だし、国道沿いに思いっきり風俗店があるし。

 

そんな街なんだよな。

東京みたいに駅ごとでカッチリ色分けされているわけではなく、あくまでグラデーションなんだと思うけれど、この街は夜の要素が濃い。

ダム建設や道路建設で需要が高まった結果らしいけれど、それも昔の話。

 

 

そんな街で、過疎化が進んで若者が減っているといいつつ新しい居酒屋は帰省する度に増えるし、ガラの悪い兄ちゃんはキャバクラに入り浸っている。

 

地方創生だーとかいうんだけどさ、こういう街はどうなるのか、ふと思った。

 

健全で明るい、「田舎」になるのか。

だとしたら、毎晩飲み歩いてるオッサンら、スナックのママ、風俗の姉ちゃんはどこに行くのか。

 

明らかに「影」の方が濃いんだよなこの街。

まあどう付き合うかは俺ら次第だとは思うけれど、「影」が無くなったら寂しいとか以前に魅力ゼロになりそうな気もしている。

 

かといってなんかずっとグレーなまま行ける時代でもないと思うし。

今度帰省した時にはもうちょっとよく見てみよう。