吐き捨て系日記

とある20代男が考えを整理するためにブツクサ綴る、ほんとにただの日記です。

1ファンが語るe-スポーツのあれこれ。

※注意:最初っから最後までゲームの話です。脚注とかあんまり入れてません。


まずは自分のことから。

2000年代初頭に格闘ゲームに興味を持ち、ストⅣのリリースでどっぷりとハマった世代。
ゲーセンに行ったり、海外大会も見る感じの格ゲー中心e-スポーツファン。

 

さて、ときどさんが悲願のEVO制覇を果たした。おめでとうございます。

 

www.4gamer.net

それ以外にも、有名プレイヤーから新人プレイヤーまで様々な人たちが結果を出すなど、「格ゲーに日本あり」を示した大会だったと思った。
そして来年には、この世界最大の格ゲーイベントEVOが日本で開催されるわけですが、

evo-japan.net


これと前後してネット等でこんな意見がよく見受けられます。


「海外では流行ってるのに、e-スポーツが流行らない日本はヤバい!」

「e-スポーツなんか日本で流行るわけねえだろ!」

俺も格ゲーファンの端くれとして、少し寂しい思いもあるわけだが、同時に「海外ガー」でゴリ押しされんのもなんか違うなあと思うところではあり。
そこで、自分なりに色々と調べてまとめてみようと思ったわけです。

1.e-スポーツは海外で流行っているのか?

そもそも前提なんですが、「本当にe-スポーツは海外でも人気があるのか?」ということ。
これは判定が難しいが、とりあえず視聴者数を基準にしてみよう。
大手ゲーム実況サイトtwitchでのEVO視聴者数の推移を見ると、2015年ぐらいから大体20万人前後になっているようです。

doope.jp

kakuge-checker.com

20万というと一瞬多いように感じますが、世界一の大会で20万はどうだろう…とも感じますね。
ただ、これはあくまでtwitchのみの視聴者数なので実数はもっと多いかもしれません。

さらに、アメリカのスポーツチャンネルESPNもEVOの中継を行うようになっています。

www.espn.com




でも結局、「なんだ、大したことねえじゃん」と思うかもしれませんが、これはあくまで格闘ゲームの話。
格闘ゲームはe-スポーツの中では、決して一番人気の種目ではありません。
じゃあ人気種目なら?

kultur2.blog.fc2.com

人気の高い「League of Legends」というゲームだと、決勝の視聴者が1,400万人、大会の述べ視聴者数が3億3400万人にもなるそうです。
格ゲーとレベルが違いすぎてビビるわけですが、ともあれ「同時に1000万人が見てる」ってのは相当凄いことです。

www.youtube.com

リオ五輪の開会式の視聴者数が約4500万人だったことを考えると、規模的には手が届きそうな位置にいるともいえるかもしれません。

その他、人気のあるFPSであるCODの大会だと述べ視聴者数が2,000万を超えるそうです。

fpsjp.net

というわけで、「世界で流行っているか?」ということに関しては「競技によっては滅茶苦茶流行っている」ということですかね。

2.稼げるの?

上の視聴者数の比較でもわかるんですが、一口にe-スポーツと言っても様々な種類があり、そのうえ人気にかなりのムラがあります。

賞金にもそれは現れており、EVOのストリートファイター5部門の優勝賞金は3万6000ドル。約400万円ぐらいでしょうか。

 

対してLOLの優勝賞金は2016年の世界大会で約4億円

enngamers.com

また、世界大会で2000万人の視聴者を稼ぐDOTA2というゲームでは賞金総額が22億円にも上ります。

www.negitaku.org

 

ただこれはゲームの性質によるところが非常に大きいのです。
LOLやDOTA2はオンラインチーム対戦ゲームであり、ゲーム内課金があります。
そこで、大会に合わせた課金グッズを売り出し、その売り上げがそのまま賞金に上乗せされるという形になっています。
まあそもそも基本賞金が2億近い時点で凄いのですが…

とはいえ、格ゲーでも一般社会人の年収ぐらいを一大会で稼げるわけです。
ただ、食っていけるのは一部のトッププレイヤーのみという厳しい世界ではあります。

3.日本ではどうなん?

冒頭にも述べたが、日本は格ゲー部門に非常に強い。
そもそも格ゲーの大半が日本製というのもあり、ゲームセンターを中心に培われた大会ノウハウや対戦研究文化による積み上げが大きく、20年以上トップで勝ち続けるプレイヤーもいるほど。

一方で、LOLをはじめとするPCベースのゲームは普及があまり進んでいない。
ゲーム機文化が非常に強かったこと、スマホゲームの隆盛など理由はたくさんあると思うが。

 

まああと、「ゲームなんて遊びだろ?」ってのもやっぱり多い。
ただこれは別に日本に限った話では無く、アメリカやらでもよくプロゲーマーが槍玉にあげられるニュースを見かけたりする。

 

とはいえ、世界的に盛り上がりつつあるのも事実。
そして、アジアオリンピック評議会がe-スポーツを競技種目に加えることが決定したらしい。

www.gamespark.jp

 
だからって「ゲームやれよオラ!」みたいにゴリ押ししても受け入れてもらうのは中々難しいだろう。
今や押しも押されぬ人気スポーツであるサッカーだって、プロ化までには長い時間がかかった。
e-スポーツって概念が生まれてからまだ20年も経ってないぐらい。
世界の急速なスピードに慌てず、長い目で育てていく目線も必要なのかなあ、と思ったり。

ゲーム協会みたいなのが乱立して混乱したり、マネタイズを急ぎ過ぎて倫理的にマズい行為が行われたり。
スピードだけを最優先にすると多分ろくなことにならねえだろうな、というのが素人から見たe-スポーツ業界です。

協会が多すぎて混乱しているという記事↓

jp.ign.com

 

 

まあどうあれ、ゲームは好きだし、プロゲーマーや日本のゲーム会社は応援したい。
EVO2018は見に行こうと思います。

www.youtube.com

 

 

 

『パワーレンジャー』を見てきた。

www.power-rangers.jp

 

見てきました。

詳細は省くが、日本の特撮シリーズ「スーパー戦隊」を再編集してリメイクしたアメリカのドラマシリーズ。
今回の映画は初代パワーレンジャー。日本の「恐竜戦隊ジュウレンジャー」がもとになっている。

 

結論を先に書いとくと、「いいとこはあるが、不満や物足りなさが先に立つ」ってタイプの映画だと思う。つまり、減点方式で見ると超つまんない映画ってこと。

以下ネタバレ。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

五人のキャラ

元となった作品からそうだが、人種が交じり合った個性豊かなメンバーが作品の魅力だ。今作ではそれに加えて、よりパーソナルな多様性がある。
具体的には、

 

自閉症スペクトラムでコミュニケーション能力に難がある黒人のブルー
・直接は描かれないが、同性愛者のイエロー
・貧しい暮らしをしているアジア系のブラック
SNSがきっかけで嫌われ者になったピンク
・アメフトのスター選手だったが、いたずらのために事故を起こして未来を絶たれたレッド

 

より踏み込んでいる。
だが、ブルーが強めに描かれる一方で他のメンバーに関しては、正直あまりパーソナル性みたいなものは前面には出てこない。「悩んでる」ってぐらい。
あとは田舎で閉鎖的なコミュニティ、という雰囲気はあるぐらいか。

設定自体は今っぽいけれど、それがバランスよく描かれていたかというとちょっと疑問は残るかもしれない。

 

そんなバラバラな彼らがまとまる理由も、やっぱりブルーだったりする。
ちょっとブルーになんでもかんでも背負わせすぎじゃねえか?と思ったりも。
ブルーはめっちゃいいやつで、愛らしいからそれもまあわかるんだけどね。

戦闘シーン

というか、変身までが長い。「絆が無いと変身できない」という設定なのだが、それにしても長い。あとこれは日本の特撮ファンならではの感想なのかもしれないけど、「変身」があっさりし過ぎていたように思う。

やっぱり、敵を前にしてメダルをかかげ、「モーフィンタイム!」で変身して欲しかったなーとか。

まあそんな感じなんで、生身の戦闘もそこそこに巨大ロボ戦になる。
ロボットが有機的すぎやしねえか、というのは俺みたいな古臭いロボファンの戯言なので置いておくとして、「何がどうなって合体したか」が分かりにくいのはちょっと残念。
あととどめが「ジャーマンスープレックスから馬乗りになって刃物を突き立てる」っていう実に荒々しい戦法だったのはなんとも。

 

音楽

個人的に一番気になったのがこれ。
劇半ではなく、ポップスがまあよくかかる。しかも、みんなちょっと古い。

カニエ・ウェストの『Power』
デスティニーズチャイルドの『Survivor』

知ってるけど、「古くね?」って感じ。
懐かしのヒーローだからなのかなあ。
いや、パワーレンジャーだからパワーなのかな?とか思ったけど、にしては音楽かかり過ぎだし。
スタンドバイミーは良かったけど、アレンジかよ!って感じだったなあ。

まあゾードシーンでは横からのアングルで「GO!GO!Power Rangers!」をやってくれたのでもう百点ではあるんですけど。(ただアレンジがなんか安っぽいというか…ギター中心の方が良かったなとか…)

 

その他

・マスクをつけたピンクの顔が完全に広瀬アリス
・エンディングのロボダンスは、初代でブラックが踊ってたやつか?
・多分続編を作る気はある。
・ビンタ一発で宇宙までかっ飛んでくのはもはやギャグ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何度も言うけど、粗はある。物足りない部分もある。
でもなんというか、嫌い!とは言えない感じが個人的にはあるなあ。
もうちょい全体的に尺があったら…

まあとにかく、見ているうちはそれなりに楽しめたから良しとしよう。

 

得点?スタッフロールでパワーレンジャーのテーマがかかったので+1000点ということで。

 

LINKIN PARKの思い出

news.yahoo.co.jp

 

あまりにショックだった。

 


俺らの世代にとっての「カッコいい洋楽」の原体験の一つがリンキンパークだったと思う。

ビートルズと80年代ハードロックしか聞いたことなかった俺には、真っ黒い「メテオラ」の装丁は凄く刺激的だった。
へヴィで、ラウドで、それでいてメロディアスな彼らに、中学生の俺が夢中になるのは当然とも言えた。

 

そこからもう10数年経ったけれども、いまだに地元の友達と話せば「リンキンがさあ…」なんて話になったりする。
そのぐらい、俺らには衝撃的だった。

 

まあ、歴史を振り返ればロック斜陽の時代だったのかもしれない。実際、メタル界隈やラップ界隈からも叩かれてたみたいな話もたまに聞く。

ネット上では「ガキが聞く洋楽」みたいにバカにされたりする。
そんな思考停止した奴の話なんかどうでもいいんだけど。

 

ともかく、2000年代初頭を生きた俺にとっては無くてはならない存在だった。
それがこういう道を辿るとは…

 

チェスターに何があったのか。結局は本人にしか分からないから憶測で物は言えない。
ただ、初期リンキンで歌われていた「自己の喪失」みたいなものの存在を想わずにいられない。
しかし、そうやって歌詞を勝手に解釈して語って、勝手に彼を「伝説」みたいな箱に押し込んで飾るのはよくない。
どうやったって今はむなしい。

 

 

リンキンパークは新譜を出したばかりだった。
落ち着いたらまた聴こう。


Numb (Official Video) - Linkin Park

高すぎるハードル

こう、オタクとかが嫌いな作品を語ってるのをたまに見ると思うことがある。
「○○だからダメだ」「××はこうしないとダメ」…

 

そんな条件を満たす作品あるのか?

 

 

結論から言えば、批判のための理由づけでしか無いとは思うのだけれど。
高すぎるハードルを設定して、それを超えられないとボロカス叩く。
その割に、好きなものに対するハードルは滅茶苦茶低いみたいな。

そこで良い悪いの話したって成り立たないよなあ、と。

 

長さの違う物差しで「長い!」「短い!」って言い合ってもなあ。
そら話にすらなってないわっていう。

 

作品を見て、何か嫌な点があったとして、そこから理由を見つけていくのは普通だと思うんだけど、
気を付けなければならないのは、理由は必ずしも外側にあるわけではないということ。

要するに、嫌だと思ったのは作品の問題ではなく「自分の問題」かもしれないということ。

 

すげえ単純に、「虫の居所が悪かった」とか「女が好みじゃねえ」とか「こういう性格のやつが嫌い」とかそういう理由だったりするかもしれない。
それを、「必然性がない」「媚びてる」「意味不明」とか作品側の理由にすり替えてねえかと。

 

モノを測る前に、まず自分の物差しをしっかり確認すべきではなかろうかと思う。
じゃないと、周りは敵ばかりになると思うし。それを納得しようとすると「世の中バカしかいねえな」という地獄のマインドに向かうだけだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近よかった曲を備忘録代わりに貼っておく。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

今年の音楽も楽しいよ。

カルヴィン・ハリスと夏とメタルと

今年のサマーソニックのヘッドライナーでもあるカルヴィン・ハリス
6月30日にリリースされた新アルバムが最高だったわけだが、果たしてフェスではどうなるんだろうか。

 

ファンク・ウェーヴ・バウンシズ Vol.1

ファンク・ウェーヴ・バウンシズ Vol.1

 

 最近の洋楽の風潮としては、webで曲公開→PV公開→アルバム発売という感じ。
新曲来たぞ!ってみんなが一気に聞く時代だからこそ、小出しにするんだろうか。
このアルバムも、
フランク・オーシャン,Migosをフィーチャーした「Slide」から始まり、
Future,DJ Khalidをフィーチャーした「Rollin」、
そしてファレル、ケイティ・ペリー、ビッグショーンによる「Feels」と順に公開されてきた。

ビックリするのは、どれもこれも名曲だらけってこと。
個性豊かな、それこそ現代のポップシーンを代表するアーティストを網羅するような面々を揃えつつ、EDMだとかトロピカルハウスだとか、何かにカテゴライズされるどころかそれらを全て飲み込んでしまうような、もっとより大きな視点を持っているように思えた。

こんな「we are the world」みたいなことが年がら年中起こってるのが近年のラップ、ポップシーンなんだと思うと凄いよなあと。

こうやっていろんなものが「つながる」のはネット時代ならではなんだろうと思う。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一方その頃へヴィメタルでは。
Mesarthimというオーストラリアのブラックメタルバンドが2曲で40分越えというアルバムを出していた。

 

The Great Filter/Type III

The Great Filter/Type III

 

 このストリーミング時代にこのスタイルで行くのは凄い根性だと思う。
今年のメタルシーンは、この他にも良いアルバムがたくさんある。

 

TRUMPETING ECSTASY (トランペティング・エクスタシー: +4 bonus tracks)

TRUMPETING ECSTASY (トランペティング・エクスタシー: +4 bonus tracks)

 

 

白暈 (ハクウン)

白暈 (ハクウン)

  • アーティスト: heaven in her arms (ヘヴン・イン・ハー・アームズ)
  • 出版社/メーカー: Daymare Recordings
  • 発売日: 2017/03/22
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

   

IGORRR

IGORRR

 

 まあ、挙げだせばキリが無いのだけれど。
やっぱ傾向として、ポストロックとかエレクトロとかアンビエントとか、メタル外からのアプローチが多い。
それに対して今更抵抗感出すのも違うように思っているし、むしろ大歓迎。

ちなみに最近若者に人気があるらしいポストブラックメタル。Ghost Bath筆頭になんて呼ばれているか。
「Hipstar Black Metal」ですよ。


聴けば分かるけど、超うるさいし激しいんですよね。
でもこれで「ヒップスターだこいつらは」って言われるんすよ。
要するに「メタル気取ってるけど、ただの真似野郎だね。」ってことです。

俺は普通に好きだし、メタルだと思ってるんでいいんだけどさ。

 

ーーーーーーーーーーーーー

ジャンル分けとか関係なく、「良い曲」「今」の集合体としてのポップがカルヴィン・ハリスのアルバム。
それに対して、メタルの今ってどこにあるんだろうか、と考えさせられた。
まあその一つがBABYMETALの、横断的というか包括的と言うか、そういうアプローチだったのかもしれないな。

 

 

やっぱ辞めた

とあるネット炎上に言及しようとしたけど、やっぱ辞めた。

楽しくないからな。

jp.vice.com

こういう面白い記事を読んで色々考える方にシフトしたい。



「ブラックメタルはなんだか分かっているのか?」

jp.vice.com

 

Viceに掲載されたブラックメタルバンドAbbathのインタビュー。その中でこんなくだりがある。

 

ブラックメタルを始めたきっかけを教えてください。

King:ブラックメタルをやっているつもりはない。

Abbath:俺に任せろ。まずオマエに聞きたい。ブラックメタルが何か分かっているのか?

VENOMです。

Abbath:正解だ。そういうことだ。ブラックメタルはVENOMなんだ。ブラックメタルというものは、カテゴライズされたくないヤツの音楽のことだ。

流れに逆らうヤツのことだ。後ろ指差すようなヤツに「ファックオフ」を突きつける。宗教にも政治にも「ファック」を突きつける。それこそロックンロールであり、ブラックメタルだ。つまり自由ってことだ。それが分かれば自由になれる。分からなければ時間をかけろ。ブラックメタルのアティチュードなんてものは、元から存在していたわけじゃない。

VENOMだって、いろんなものが重なって生まれた。MOTÖRHEAD、SEX PISTOLSアリス・クーパーデヴィッド・ボウイもな。地獄から生えた木なんだ。

 

「何だ?」って聞かれて「Venom」と即答するインタビュアーも相当凄いと思うけど、それに対するAbbathの回答が痛快だ。

流れに逆らうと聞くと、単なる天邪鬼と捉えられそうだけれども、実際いるわけだよな流れに乗れないやつって。
俺だって全てにおいて乗れているわけじゃない。

そこで「逆らうこと」を体現してくれるような存在にはとても勇気づけられる。
もちろん、なんでもかんても逆らうわけでは無い。
インタビュー全体を見れば、Abbathは反抗的な姿勢を持ちつつも冷静に現代を見据える視点を持っていることが分かる。

どこかのフェスでベビーメタルと写真撮って話題になっていた。
別に流行なら何でも嫌いとかそういうわけではない。

キチンと「NO」あるいは「ファックオフ」と言うべきものに言うということだ。


インタビューの最後、インタビュアーの息子がAbbathをみて「この人は悪魔なの?宇宙人なの?オバケなの?」と話したというエピソードに対する彼の返答がこちら。

 Abbath:じゃ、その4歳の息子に言ってくれ。「好きなように思ってくれ」とな。真実はひとつ。

オレたちはここにいて、するべきことをやっている。音楽も言葉も自由にやっている。あとはみんなが好きなように解釈してくれればいいんだ。もちろんオーディエンスから怒りを買うこともある。だがそれも自由なんだ。ロックンロール、オレが極めたいのはそれだけだ。

俺が信じている宗教があるとすれば、それはロックンロールだ。すべて自分で決めろ。自由だ。

 
なんてイかした人らなんだろうか。

ただ俺も、良いものに「ファックオフ」なんて言うつもりはないし、自分の好みじゃないだけなものを否定するつもりはない(昔はやってた)。
ただいつか、しっかりと「NO」言うべき時が来ると思うんだよな。

それが何かは今のところわからない。でも多分あると思う。
だからその時、ちゃんと言うための言葉と、決意をしっかり持つべきだな。

議論とかじゃない否定、拒否ってのはそのぐらい重い行為だと思っている。