吐き捨て系日記

とある20代男が考えを整理するためにブツクサ綴る、ほんとにただの日記です。

2016年、個人的に良かった曲

2016年も終わりだし、今年聴いてきた中で個人的に良かった曲をまとめておく。今年は何かいい曲多かったなーと思ったり。

メタルはやっぱりブラックメタル

VMO / Pursuit of Dignity

www.youtube.com

Saor / The Declaration


Saor - The Declaration (2016 - New Track)

Батюшка (Batushka) - Ектения́ IV Mилость

www.youtube.com

 

ブラックメタルというジャンルはメタルの中でも様式美というか、カッチリしたスタイルが確立されているものだと思っていたが、上記の3曲はどれも幅広い音楽性を有している。ガッチリとした土台を基に、エレクトロや民族音楽など様々なエッセンスを加えて、それでいてメタル的な「お約束」を抑えている贅沢な造り。

「メタル」というハードルを一歩越えると急に世界が広がる感じがして好きだ。

 

ヒットした曲はやっぱ良い

Chance the Rapper ft. 2 Chainz & Lil Wayne / No Ploblem


Chance the Rapper ft. 2 Chainz & Lil Wayne - No Problem (Official Video)

twenty on pilots / Heathens

www.youtube.com

ANOHNI / Drone Bomb Me
www.youtube.com

 

海外のトレンドってものを意識的に追うようにした。率直に思ったのは「スピード」だった。何より日本の曲って性急な曲が多いように感じた。海外のヒット曲はゆったりとした、ビートを強調した楽曲がヒットする。踊る音楽なんだろうか。単純に聞き慣れないビートだから足踏みしていたのか。

聞き方、というかノるスタイルが分かると一気に楽しくなってきた。

 

日本のロックもすげえな

Gi Gi Giraffe / Naked Girl

www.youtube.com

D.A.N / Zidane

www.youtube.com

ニカホヨシオ / 亡霊たちの楽園

www.youtube.com

 

若手ロックバンドもたくさん聞いた。俺が高校時代に聞いてたバンドもすでにベテランとなった時代。今の若いバンドが見ている風景は俺のそれとは大きく違うということを実感した。もう俺も若くないけれど、そこにある「楽しさ」みたいなものはちょっと感じることが出来たかもしれない。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いっぱい聞いてきたけど、その過程で大事にしたのは俺の「先入観」と「懐古」を捨て去ること。なまじ量を聞いているから、素直な感性というものを理屈で押しつぶして過去を正当化しようとする。そういうものをいかに克服するか、そして感性を更新するかということ。

結果、「今」が凄く面白いということは実感できた。だけどそれは過去の否定じゃない。過去は過去でいいものがある。でもそれはあくまで過去だってことだ。

多くの人が「今年の洋楽ヤバくね?」みたいに言ってるんだけど、俺は後追いでしか感じることが出来なかった。リアルタイムで様々なものをキャッチするアンテナを構築しなきゃいかんと思う。音楽だけじゃなくてなんでも。