読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吐き捨て系日記

とある20代男が考えを整理するためにブツクサ綴る、ほんとにただの日記です。

茶化すしか出来なくなったら終わり

愚痴

最近バラエティ見てると度々遭遇する、苦手な場面ってのがある。

 

誰かが噛んだりしたことを延々茶化したり、物を紹介するときにその名前を茶化したりする場面。

 

お笑い的にはお約束なんだろうけど、どうにも苦手だ。

 

結局のところ、見たいこと聞きたいことの邪魔でしかないんだよなそういう笑い。で、バラエティってのは笑えればいいわけだ。

つまりは、笑いが起きたことで目的は果たされている以上、その内容とかはどうでもよくなる。

 

どの番組が、とは言わんけどさ。

 

で、そういう流れは一般の我々の間にも浸透しつつある。

「これはあのバラエティの流れですよー」てなテンションで、普通の会話の中でこういう茶化しの空気を作りたがるやつがいる。

 

そうなるともうダメ。話が出来ないし、誰も話を聞かない。みんな芸人ごっこに夢中になる。

 

俺ら芸人じゃねえんだからさ、普通に話せよと思うわけです。

まあ結果として笑いは起きているわけだけれども、別に視聴者がいるわけじゃなし。

 

誰かが喋ったら、「お?なんだなんだ?」ってリアクションをして、喋り終わったら言葉尻捕まえてツッコめばいい。

それでお手軽バラエティの完成なんだけど、これ楽しいのはツッコんでるやつと部外者だけなんだよな。

普通に喋ってたらツッコまれた俺は楽しくないし。空気読めとか言われても、俺からすれば「お前が空気読め」って話だし。

 

まあそんな飲み会が最近ありまして、非常に不愉快だったというお話です。

で、バラエティ見てると似たような光景があって「うわぁ…」ってなっちゃったっていうね。

 

最近は、少ない人数で回してるバラエティの方が面白く感じる。大人数だとどうしてもお決まりの流れに持ってかれがちだしな。