吐き捨て系日記

もう30になっちゃう男が考えを整理するためにブツクサ綴る、ほんとにただの日記です。

好きな番組の話

NetflixとかAmazonプライムなんかのストリーミングサービスが普及し、いわゆるテレビの人たちが続々とそこに参入してきた。


その中で上手くやってるなあって人もいれば、なんか勘違いしてるな…って感じるのもある。
まあ合う合わないはあるだろうし、今は試行期間みたいなとこもあるんだろう。


今んとこハマってる番組をいくつか紹介しておく。
『有田と週刊プロレスと』は前書いたので割愛。

inak555.hatenablog.com

---------------------------------------------

坂上忍流ディープな夜遊び

www.amazon.co.jp


昼の番組で怒鳴り散らしてる坂上忍がメインの旅番組。
俺もあんまり良い印象は持ってなかったが、この番組は面白かった。

坂上忍といえば怒りっぽくて潔癖症、というイメージだが、一方で女好きのギャンブル狂という一面も持っている。
この番組はそこにフィーチャーしたもの。


日本のみならずアジアの歓楽街に出向き、酒と女と博打を心行くまで堪能する。
紹介する、っていうより本人らが完全に楽しみに、なんなら勝負に行ってるのが面白い。

競馬は俺もちょろっとやるが、第一レースから平気で10万とか賭けまくってる坂上忍はちょっと凄すぎ。
トータル50万とか負けるし。


ゲストも絶妙と言うか、良い感じで飲めて騒げる人らがチョイスされている。
正直、飲めないやつに飲ませたり、女性に対する発言はセクハラっぽかったりすんのはまあ気になるし、そもそも賭博やら夜のストリップやらキャバクラやらのモラルを問われたら元も子も無いんだけどな。

こういう旧態依然とした価値観は無くなってくだろうけど、どっかそれを楽しめる回路が俺にも残ってしまっているんだろう。
終わりゆくもの、として楽しむのが正解の一つなんだろうな。「昔はよかった」とか「無くなるのを惜しむ」ってんじゃなくて。

おすすめは韓国編

おぎやはぎの愛車遍歴

www.bs4.jp

ネット番組じゃあないけど、TVerとかで見れるのでいいよね。

無類の車好き、おぎやはぎがゲストの愛車と人生を振り返る番組。
合間合間で過去にゲストが乗った車が実際に登場し、久しぶりに運転しながら思い出を語る。


俺は別に車詳しくないんだけど、この番組は見てて面白い。
やっぱり人の人生、あるいは時代とセットで語られるからだろうか。

「○○が乗ってたのに憧れて~」
「当時最先端の~」

こういう風に聞くと、単なる一台の車ではなく切り取られた時代の一部として楽しめる。
あと、詳しい人とか好きな人が楽しそうに語ってるのを見るのは楽しい。これも何度か書いてるけど。


あとおぎやはぎが良いんだよな。
年上に礼儀を払いつつ失礼なこともぶっ込めるスタンス、年下を軽く扱いつつも興味持って話を聞く姿勢。
凄くナチュラルな感じで楽しそうにしてるのが見てて心地いい。

内村さまぁ~ず

内村さまぁ~ず Second


かれこれ10年以上やってるネット番組。
ただ配信サイトがあっちこっち移った流浪の番組でもある。


ウッチャンとさまぁ~ず、そしてゲストが様々な企画を行う。
ゲームからトークから食レポから、その種類は幅広い。

面白いのは、レギュラー三人があんまりやる気ないおじさんである、ってとこ。
めんどくせえよぉ、怪我しちゃうよぉ、とか言いながら嫌々参加する。

でも最後にはムキになるほど熱中してたりする。
三人の意地がぶつかり合う「大自然クイズ」は必見。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「ネットならではのものを!」って息巻いて、過激な演出やエロに走った番組は逆に空回りして寒々しくなったりするんだよな。何がとは言わんが。